どろろんの花騎士ブロマガ

「”楽しい”を発信したい」がモットーのアネモネ団長どろろんが主に花騎士に関していろいろ書いていくブログです。コメント歓迎! Twitter: https://twitter.com/Dororon_2017

2020年04月

こんにちは。
アネモネ団長のどろろんです!

皆さんフラワーメモリー(以下、FM)装着していますか?
戦友パーティー見ると付けてない方もちらほら見かけます。

オモイデ種はかなり配られているので金メモリーの最大解放や虹メモリーの入手自体は課金しなくても割とできている方が多いと思います。石でプレミアムフラワーメモリーガチャ引けば更にFMの開放は進みますし、いくらか課金して虹記憶花ゲットすれば虹メモリーの最大解放も十分実現可能です。

FMに関しては現状
虹の最大解放:めっちゃ強い
虹の未解放、金の最大開放、一部金の未解放、一部銀メモリーの最大開放:十分強い
という印象をブログ主は持っています。
そんな状態で何故FM付けてない方多いんだろうと疑問だったのですが、他の団長方の意見見て見ると複雑と思っている方が多いようです。正直、かなりもったいないと思っています。

ですので今回はブログ主の主観ですがFMをつけるコツについて書いていこうと思います。
結論を言うと以下の3つの方針に従えばOKだと思っています。

①足りないところを補う(攻バフやクリ率、デバフ値の底上げ等)
②強みを伸ばす(再行動キャラに再行動率UP、ソラパにソラビ威力UP等)

③悩んだら攻バフを盛る

FMとは言ってしまえば外付けアビリティです。
①②に関して例を挙げると以下のような感じです。




普段自分がパーティー編成組む時どんなアビが欲しいか考えますがその延長線上です。
1度組んでみて「スキル発動率足りない」、「攻バフ足らない」、「クリ発動率足らない」となってメンバーの入れ替えを実施すると思います。そうして組んでみたら今度は「弱点がつけなくなった」、「スキル範囲がかぶった」とかなりまた再調整…と。そういうのを繰り返してパーティーを作っていくと思います。その際、組み替える前に手持ちのFMをチェックし、足りないと感じたところが補えるか確認してみてください。

例えば攻バフが足りないなら未解放「お友達談義」、最大解放「粉雪の舞う街角」、最大解放「星を掴む者たち」が使いやすいです。1個当たり全体10%の攻バフでも5枚集まれば50%攻撃バフを確保できます。ソラパと併用するなら最大解放「虹色の植木鉢」がお勧めです。入手容易な銀メモリーにも関わらず300%ソラビ打った後なら全体15%という破格の攻バフを得られます。実は「虹色の植木鉢」は銀の最大解放でありながら虹の未解放と同等の効果得られるんですよね~。強い!なお、未解放だと最大解放「虹色の植木鉢」以下の攻バフですが、最大解放してあげれば「霊峰」や「その足元にご用心?」はきわめて強力なFMです。虹メモリーの「その足元にご用心?」の最大解放はハードルが高いですが1枚で45%という破格の攻バフを確保できます。












特に足りている所は無いと思ったのなら今度は再行動持ちのキャラに再行動率UPのメモリー持たせたり、エースアタッカーに属性に対応したスキルダメ・ボスダメバフメモリーをつけて更に殲滅力上げるとかすると良いと思います。
それでも悩むな~という時は深く考えず上で紹介した攻撃バフ盛れるFM付けておけばOKです。

例えば以下のようなパーティーがあったとします。攻バフは師匠が+235%、他4人が195%と十分な値を持っています。


この場合、VSEx破級のサボテン相手に99万程度のダメージになります。


ここで未解放「お友達談義」、最大解放「粉雪の舞う街角」、最大解放「星を掴む者たち」をつけて攻バフ+50%してあげると…。


ダメージは116万程度とはっきり上昇していることが分かると思います。


更にGAIGEチャージ持ちと併用する必要はありますが、効果の大きいソラバフメモリー


ダメージは128万程度、盛れば盛る程強くなっていることがはっきりと分かります。


攻バフを十分に確保できているpartyでも更に攻バフを盛ることでダメージがはっきりと伸びていることが分かると思います。攻バフが低めなpartyなら効果はさらに大きくなります。

いかがだったでしょうか?
今後もFMはどんどん増えていきますし慣れないうちは戸惑うことがあるかもしれません。ただ、なんだかんだ使っていれば自分でどんどん応用見つけて行けるものだと思うのでまずは攻バフ盛れるFM辺りから試して見ることをお勧めします。

*余談(本編とは関係ない最近ブログ主が思うことについて)
FMに関して団長方の意見の中に実装前の期待度が高すぎて実装時の出来に反感を持った人もいるのではないかというのもありました。確かにそういう意見も分からなくも無いのですが、今の世の中完璧なものを作ろうと時間かけすぎると、周りでどんどん新しいモノ・サービスが出てきて埋もれて行ってしまうという背景があると思います。ゲームとは分野違いですがブログ主は情報機器のメーカーの開発職でして、世の中のモノやサービスの動向見ているとどうしてもそう思います。粗削りでもどんどん新しいものを出していった方が経験が蓄積され結果としてより良いものが作りだされることも多いので、FMに関して運営のやり方は完ぺきとは言いませんが割と理にかなったものだと思っています。ユーザー側も直近の動向だけ見て騒ぎ立てるよりはもう少し長い目線で見守ってあげて欲しいな~と思います。意見はどんどん発信していくべきですが、あまりに厳しい書き方だと相手の心にダメージを負わせるだけで運営・ユーザー双方に損しかありません。自分が言われたときどう感じるか、そこも考慮して意見を出していってあげて欲しいなと思います。

『FLOWER KNIGHT GIRL』
Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.



こんにちは!
アネモネ団長のどろろんです。

皆さんは初めてゲットした金レアキャラって誰でしたか?ブログ主は「オレガノ」です。

↑開花衣装がもう…たまらんとです(お山を凝視しながら)。

自分は正統派~お姉さん系のキャラが好みなのでドストライクのキャラをいきなり入手出来てテンション上がった記憶があります。お胸が豊かなのも素晴らしいです。お胸が豊かなのがとても素晴らしいです。お胸が豊かなのは最高に素晴らしいです!

そんなオレガノさんは昇華させると「防御力の25%を攻撃力に追加」「パーティーメンバーのHPを毎ターン50%の確率で5%回復」という比較的所有キャラの少ないアビリティを持っています。

今回はこの二つのアビリティの使用感について語ろうと思います。
パーティーはリンク先(https://ch.nicovideo.jp/article/ar1881589)の攻撃デバフパの巫女アネモネをオレガノに入れ替えたものを使用しています。





スキラには「回復UP」のFMを持たせていましたが、回復量を伸ばすよりは火力を上げた方が戦いやすいと思ったのでターン経過ダメージUPの「不思議の世界でお茶会を」に変えています。イベFM良いですよね~、ステもアビリティもガチャ産の金レアと同等の効果持っていて使いやすいです。

結論から言うと「防御力の25%を攻撃力に追加」「パーティーメンバーのHPを毎ターン50%の確率で5%回復」の二つのアビは普通に強いです。マザーを1party撃破可能です*。

*動画では上の画像とは違うFM付けていますが、これでも撃破可能です。

ヌシ相手もリリィウッド・バナナオーシャンは全て1partyでヌシ倒せますし、ベルガモもヌシまでたどり着いて十分なダメージを与えてくれます。

十分な効果を発揮するにはリソースをつぎ込む必要がありますが、その見返りは十分あるかと思います。



まず、「防御力の25%を攻撃力に追加」のアビ(以下防御力変換アビ)ですがこのパーティーの場合、防御バフ112%でLv100+フルアンプルだとだいたい2500程度攻撃力に追加されます。


攻撃力+2500がどのくらい強いのか分かりにくいと思うのですが、シュウ様のターン経過攻撃バフが乗り切った状態ならマフル高原の防御バフ500%乗ったハエ型害虫にダメージが十分通ります。

防御力を攻撃力に変換するアビリティは素の攻撃値を底上げしてくれるので効果の大きいターン経過攻撃バフと組み合わせてあげると効率良く攻撃力を上げることができます。

装備とか無視した大雑把な計算ですが、花騎士の攻撃力を9500(Lv100+フルアンプルゥ想定)とした時、防御力変換で+2500され、そこに攻撃バフ170%かかると最終的な攻撃力は32400となります。32400という攻撃値を防御変換アビ無しで実現するには240%の攻撃バフが必要となります。つまり差し引きで攻撃バフ70%相当の効果を防御力変換アビは及ぼしていることになります。
なお、最大強化している雪華アネモネの場合だと攻撃バフ100%相当になります。
十分な防御バフを確保し、リソースをつぎ込んでいること前提ですがこうして見ると強いと思いませんか?

攻撃デバフパにおいては火力をどうやって確保するかは重要な課題となります。相手の攻撃を耐えれても攻撃が通らなければ勝てません。防御バフを積めば積むほど攻撃力を上げれる防御力変換アビは火力確保の一つの回答だとブログ主は考えています。


次に「パーティーメンバーのHPを毎ターン50%の確率で5%回復」のアビリティですが戦闘の長くなる攻撃デバフパにおいては発動機会も多く、1回に受けるダメージも抑えられるので馬鹿にならない回復量になります。
例えば、オレガノを防御バフ30%を「サフラン」に変えた場合のマザー戦突入時のHPを比較してみました。サフランとオレガノでは防御バフと攻撃バフ以外はアビ構成全然違いますし、厳密な比較にはなりませんが参考にはなるかと。

吸収スキルを持つスキラ以外のキャラについてはHPにかなりの差が出ているのが分かると思います。回復手段の乏しい花騎士において回復量が低くとも回復手段があるか無いかは大きな差となります。特に戦闘が長期化しやすい攻撃デバフパではなおさらです。

いかがでしょうか?「防御力の25%を攻撃力に追加」「パーティーメンバーのHPを毎ターン50%の確率で5%回復」というアビは十分実用的なアビだと言えるのではないでしょうか?

ただ、難点としてはこれらのアビ所有キャラが少ない+昇華が多いので試そうと思っても気軽には試せないという所があります。今回ブログで「防御力の25%を攻撃力に追加」「パーティーメンバーのHPを毎ターン50%の確率で5%回復」のアビリティを取り上げたのも興味は持ってるけどどんな強さなんだろうという方の助けになればな~と思ったのが一つの理由です。花騎士はたくさんいてみんな違った魅力を秘めています。使ってみないと強さは分からなとはいえ、一人では到底試しきれません。ブログにせよツイッター等にせよ皆で自分のお気に入りの花騎士を紹介しあい、情報共有していけたらな~と思います。

余談ですが、精華アネモネも登場時はいろいろ言われましたが、実際使ってみると滅茶苦茶強いとはいいませんが別に使い勝手悪く無いんですよね。変動スキルは便利ですし、クリ無しでも超反撃は良い削りになり、バリアも攻撃範囲が狭い相手だと有効に働いてくれます。まあ、防御バフあったらなお良いんだけどな~とはどうしても思うことありますが(笑)。ガッツはほんと強いですからね~。

『FLOWER KNIGHT GIRL』
Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.



こんばんは。
アネモネ団長のどろろんです。

いよいよ4月に入りました。もう1年の1/4が終わりましたか、早いですね~。
さて、最近盛り上がってきました花騎士のメインストーリー、もうすぐ第3部に突入ですね~。しかし、花騎士のメインストーリーはかなり長く、クジラ艇も含めると一気に見直すのは難しいです。
ただし、第一部任務20「フォス平原」は見ろ(命令形)。


とにかく今回は簡単に第一部からクジラ艇や第2部までの振り返りをしたいと思います。
…というか皆さん
害虫化の毒ばらまいた異世界の魔王の名前ちゃんと覚えてます?
ほとんどストーリーに絡まないので忘れてる方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

というわけで花騎士のラスボス的存在の名前から。
ランタナのキャラクエ進めれば、その恐ろしき名が出てきます。


魔王ぺポです。
なんと肉体は既に滅んでいるにもかかわらず怨念が残り続け今なお花騎士の世界を脅かしているという存在です。いや~恐ろしい…。

そして魔王ぺポ直属の配下であり、他の害虫達とは比較にならない力を持ち、団長や花騎士達を苦しめているのが三大害虫です。

ストーリー第一部でフヴァ氷結湖をつきやぶり最初に団長たちの前に現れたのは
千の足、炎熱と宵闇の化身ナイドホグル


恐ろしい害虫でした…。闇の力を操り、光無き世界に花騎士達を誘い多くの花騎士達を苦しめました。多数の眷属も引き連れており、歴戦の花騎士達といえども苦戦は免れませんでした。
デルフィニウム達の犠牲が無ければ決して勝てなかった相手です…。決死の特効を仕掛ける時にすら笑顔を絶やすことの無かった彼女たちの融資を多くの団長たちは決して忘れないことでしょう…。


しかし、悲しみに浸る間もなく次の脅威は現れました。クジラ艇ストーリー第1部で古代害虫を操り、各地で暴れまわった恐るべき害虫が第2部にて遂にその姿を現しました。
千の頭、無限と黄昏の支配者ミズウォルム

次々と卵の中から出現し、無限とも思える数の力で花騎士達は苦戦を強いられました。個々の戦闘能力は決して高く無いものの箸の先につけた糸でマリオネットのように極限指定害虫でさえ自由に操り花騎士に襲い掛かってきた姿は恐怖そのものです。

次々と倒れ行く仲間たち…。うっかりバナナの皮を踏んでスープをぶちまけたハツユキソウ、スワンボートレース100倍に1点全賭けし、外しオケラになったスキラ…。彼女たちの絶望に満ちた表情は多くの団長たちに言えない傷を残したでしょう。

そんなもう駄目かと思われたその時さっそうと駆けつける花騎士が一人、
狂える回転暴風アンスリウム

彼女の一撃がミズウォルムの持つお盆をひっくり返し、みそ汁かぶって大慌てしたミズウォルムにアンスリウムと同じくバナナオーシャン出身にして王族カサブランカ第一の配下たるヤマユリの一撃が突き刺さり花騎士達は辛くも勝利を収めました。

窮地に駆け付けたバナナオーシャンの花騎士達の力が無ければ世界は滅んでいたことでしょう。

そして今、第2部のクライマックスに姿を現したのが三大害虫最後の一体
千の羽、天雷と暁の王フラスベルグ

その身にまとう装束が羽のように舞う姿からその名がつけられたといわれる害虫です。
第3部で一体どんな恐るべき力を見せてくるのか…。非常に恐ろしいです。

果たして団長と花騎士達はいよいよ現れた最後の三大害虫を打ち破り、魔王ぺポの魔の手を跳ねのけスプリングガーデンに平和を取り戻せるのか!第3部を待て!!

……………………………………………………







……………………………………………………
ごめんなさい、全部嘘です。
いや、昔読んだすごいよマ〇ルさんって漫画で偽のアニメ企画(その後本当にアニメ化されたけど)やってたことがあって、最後のごめんなさい全部嘘ですって謝るシーンがなぜかすごく印象に残ってて自分もそのセリフ言ってみたかったんです。
ネタに扱ってしまった花騎士達、ごめんなさい。その娘たち好きな団長の皆様にもごめんなさい。エイプリルフールということでどうしてもやってみたかったんです…。

実際のナイドホグルやミズウォルム、フラスベルグはこんな感じの連中です。


後、害虫化の毒ばらまいたのは「死にゆく世界の支配者」とかいうやつです。ブログ書き終わった後で名前出してないの気付いたよ…。

以上。

『FLOWER KNIGHT GIRL』
Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.



このページのトップヘ