どろろんの花騎士ブロマガ

「”楽しい”を発信したい」がモットーのアネモネ団長どろろんが主に花騎士に関していろいろ書いていくブログです。コメント歓迎! Twitter: https://twitter.com/Dororon_2017

2021年02月

こんにちは。アネモネ団長のどろろんです。

 前回紹介した属性統一編成(https://ch.nicovideo.jp/dororon_FKGD/blomaga/ar1999096)に続き今回は属性統一編成を紹介していきます。軸となるのはそう、「ネムノキ(夢語る花の聖女)」です!

↑命アンプルゥと一緒にいる姿が可愛いです。

能力を見てみると
・自身がスキルを発動した次ターンから3ターンの間、打属性メンバーのスキル発動率1.4倍
、再行動率+25%
・60%再行動
属性メンバーのクリティカルダメージ60%UP
属性メンバーへ攻バフ+45%

 やはり目を引くの一番上のアビリティ(以下、アビ)です。スキルを発動すればパーティー全体の再行動率とスキル発動率を強力にサポートしてくれます。また、自身も再行動60%を持つためスキルを発動すれば次のターンから85%の確率で再行動してくれます。

 ただ、注意したい点もいくつかあり、
・アビを活かそうとすると複数ターンの戦闘になるが自身は耐久系のアビを持っていない。
・クリティカルダメージUPアビはあるが発動率UPアビは持っていない。
・スキルを発動しないとスキル発動率UPも発動しない。

 「ネムノキ(夢語る花の聖女)」の能力を最大限に引き出すにはスキル発動率、クリティカル発動率、耐久、再行動等々気を使わないといけない所が多いです。

 そんな「ネムノキ(夢語る花の聖女)」を用いた編成は以下のようになります。




 無限城100Fのターンチャレンジで良く使われている編成だと思います。ブログ主は虹完凸FMx5、アジサイ最大強化、他開花咲Lv80で無限城100Fを8Tで攻略することができました。もっと強化を進めて6Tで勝利している動画をツイッターで紹介してもらったこともあります。


 かなりの爆発力を秘めた編成で、弱点をつけなくてもラエヴァやマフルのヌシを殴り倒すことができます。
 

 耐久面は「コオニタビラコ(新春)」と「プルメリア(希望の母なる愛)」で攻撃デバフ最大70%(3T目開始時)、この2人と昇華「アジサイ」で防バフ105%。「プルメリア(希望の母なる愛)」は全体ガッツ付与も持ち、「ポトス」の吸収付与と相まってかなりの耐久力を持たせることができます。


↑被弾次の「あうっ」が可愛いです。

 「コオニタビラコ(新春)」はターン経過攻撃デバフという新アビを持ち、ターンはかかるものの最大で40%の攻撃デバフを一人でまかなうことができます。防御バフとターン経過攻撃バフも耐久戦向きです。再行動率60%もあるのでクリアビを他で確保できれば、「ネムノキ(夢語る花の聖女)」と組ませて良い活躍をしてくれます。


↑見てて癒されます。

 「プルメリア(希望の母なる愛)」は全体35%という破格の全体クリ発動率UPを持ち、いるといないとでは「ネムノキ(夢語る花の聖女)」編成の組みやすさが大きく変わっています。プルメリア自身は自身へのクリダメUPは有しているものの他のメンバーへのクリダメUPは無く、そこは「ネムノキ(夢語る花の聖女)」の属性クリダメUP50%で補えます。また、プルメリアは再行動60%を持ち、そこを「ネムノキ(夢語る花の聖女)」のアビでさらに伸ばせます。まさにばっちりかみ合っていますね。


↑満を持して実装されたスコップちゃん、豊かなお胸が最高です!

 防御バフやデバフは無いものの、クリティカルアビ・再行動60%、そして「クコ(クリスマス)」に続いて2人目の吸収付与を持つ「ポトス」もできれば欲しいです。「ネムノキ(夢語る花の聖女)」のアビを発動させるにはどうしても1T以上かかり被弾してしまうので回復手段があるのは大きいです。


↑ファイティングポーズが格好良いです。

 最後の一枠ですが確実にネムノキ様のアビを発動させるため昇華「アジサイ」を投入しています。「ネムノキ(夢語る花の聖女)」のアビ発動時のスキル発動率1.4倍がちょっともったいなくなりますが、全体に再行動率を25%付与できるだけでも強いので安定性を優先して「アジサイ」を選びました。ここは迎撃+被弾次ターンスキル発動率2倍持ちの「メコノプシス」も面白いと思います。ただ、どうしても挑発役は負担が大きくここはできるだけリソースを投入しておきたいです。

 別パターンとして「コムギ」や「ユキハナソウ」といった属性1T目スキル発動率1.65倍+クリティカルアビ持ちを入れて1T目に「ネムノキ(夢語る花の聖女)」のスキルを発動させ、次ターン以降は「ネムノキ(夢語る花の聖女)」のアビ発動時のスキル発動率1.4倍でスキル発動を確保する戦い方もあると思います。こっちはこっちでスキル発動を安定させるためできればスキルLvもあげておきたいです。

 今回「ネムノキ(夢語る花の聖女)」を試してみて思ったのですが、能力を最大限生かそうとするとどうしても最近実装されたキャラがたくさん必要となります。特に「プルメリア(希望の母なる愛)」はいるといないで耐久面が大きく変わります。また、ブログ主の場合、クリ発動率を虹FMの「晴れの装い」で補っています。「コオニタビラコ(新春)」の代わりに「アルストロメリア(未来への感謝)」や「オンシジューム(バレンタイン)」にしてクリティカルを底上げし、デバフ系のFMで耐久をサポートすることもできますが、いずれにせよキャラにFMと現状だと大分コストのかかる編成になってしまうかと思います。
 それでも編成がうまく組めた時の爆発力は素晴らしいので「ネムノキ(夢語る花の聖女)」をお持ちの方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

『FLOWER KNIGHT GIRL』
Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.



こんにちは。アネモネ団長のどろろんです。
 去年あたりから新しいタイプのアビ持ちが増えてきましたが、その中に特定の属性に対して大きな効果を発揮するアビ持ちがいます。

 昇華「アネモネ(夢語る花の聖女)」もその一人です。

↑神々しい雰囲気がまたすばらしい。

 「アネモネ(夢語る花の聖女)」は属性統一編成であれば全体攻バフ115%となります。条件付きで100%越える攻撃バフ持ちはそれなりの人数います(HWワルナスビやスノードロップ、新春ゴギョウ等)が、「アネモネ(夢語る花の聖女)」の場合は属性統一であればターン経過や敵数、ソーラードライブ発射回数等に依存せずバフをばらまけることと、スキル発動率1.36倍(スキルLv5の時)、斬属性付与を有するのが利点です。
 攻バフとスキル発動率を積むことは花騎士の基本ですし、腐ることはまずないですね~。

 そんな属性統一編成の利点としては
・範囲が限定されている分効果が高いバフを受けることができる。
・フラワーメモリー(以下、FM)の選択の幅が広がる。
・特定の属性以外ダメージUP持ちの相手に対して有利に戦える(水影Ex破級アグロテンマ等)。

があると思います。FMに関しては例えば「星空の座談会」みたいなFMや金レアの属性限定スキルダメバフ・ボスダメバフのFMとかを無理なく組み込めるようになります。


オモイデ種ガチャとかでたまたま最大解放できたけど属性限定であんまり使えてないな~というFMを有効活用できます。

 一方で欠点としては
・編成難易度が高い。
・相手の属性がばらけている場合、弱点を突きにくい。
 (属性付与持ちを入れることで対応は可能。)

があると思います。一つの属性だけでコンセプトパを組めるだけの花騎士を集めるのは大変ですし、そこにバリアや回避等々相手に応じて欲しいアビを入れようとするとなおさらです。

 ブログ主も属性限定アビを持つ花騎士を十分揃えられているわけでは無いですが、属性については良い感じの編成が組めたのでどんな感じか紹介していこうと思います。については別の記事でまとめる予定です。


 今回は属性統一編成で2種類組んでみました。一つは1Tクリパです。




 属性にはクリティカルの値が優秀な「アネモネ」(「ウメ」もオススメ)。1T目スキル発動率1.65倍持ちの「デージー」、「タチアオイ」といった花騎士がいて1Tクリパは比較的組みやすいと思います。

↑説明不要の嫁


↑見た目とは裏腹にかなりの戦闘力を秘めた花騎士


↑去年、念願の開花実装!美しい。

 今回は3属性付与持ちの「スノードロップ(新春)」も投入しては全員、は5人中3人が弱点を付けるようにしています。
 クリパを組むと攻撃力不足になりがちですが、そこを「アネモネ(夢語る花の聖女)」でカバーしています。「アネモネ(夢語る花の聖女)」と「スノードロップ(新春)」で常時スキル発動率1.56倍となるので1T目だけでなく2T目以降のスキル発動もある程度期待できます。

 戦いぶりを動画にとって見ましたが、なかなか良い火力が出せています。
 
 もちろんFMをできるだけ強力なのにしている影響は大きく、縛ると1partyクリアまでは厳しかったですが、それでも十分良い働きはしてくれました。


 お次は攻撃デバフパです。




 突属性にはデバフパ向けの強力な花騎士が多く、バリア+攻撃デバフ30%の「アネモネ(精華の王女)」、2種のターン経過バフが強力な「スノードロップ」、お姉ちゃん大好き娘で破格の自己強化系のターン経過バフを持つ「コナギ」と粒ぞろいです。

↑ドレスと鎧の融合が素晴らしい。


↑武器がロマンにあふれていて良いです。スキルモーションは必見。


↑姉妹揃ってお胸が豊かなのは素晴らしいと思います。実に素晴らしいと思います。やはりここは二人まとめて…ゲフンゲフン

 デバフこそ持ちませんが被弾次ターンスキル発動率2倍にターン経過ダメバフや防御バフを有する「グロリオサ」もデバフパ向けの人材です。攻バフを持たないのも「アネモネ(夢語る花の聖女)」や「スノードロップ」でカバーできます。

↑説明不要な大迫力

 「アネモネ(精華の王女)」、「スノードロップ」、「コナギ」で攻撃デバフは上限70%。「アネモネ(精華の王女)」、「コナギ」、「グロリオサ」で防御バフ95%となります。スキル補助は1.2倍持ち2人と1.36倍1人で1.76倍+「グロリオサ」の被弾次ターンスキル発動率2倍で十分すぎる程確保できています。火力面もターン経過バフの乗らない1T目で既に200%前後の攻撃バフがのり、そこから更にターン経過で攻バフやダメバフが増していきます。

 他にもスキルデバフを併せ持つ「ヤドリギ」やブログ主は未所持ですが超強力な耐久アタッカーの「コンボルブルス」もいていたれりつくせりです。昇華「スキラ」あたりも、調整済みのキャラと比べるとアビリティは控えめですが十分候補となるかと。

 「アネモネ(夢語る花の聖女)」自体は耐久系のアタッカーでは無いですが、バフが強力でスキル発動率もサポートできるので十分に強化して防御力を高めておけばこういった編成にも無理なく入れることができます。

 上の編成に比べるとブログ主がデバフパが好きなのもあり、強化されているメンバーが多く、そのおかげでもありますが、耐久と火力を両立し多くの高難易度マップで活躍してくれます。
 

 FMを銅、装備も一つに縛ってヌシに挑戦してみましたが、それでも勝つことはできました。もちろん虹最大解放FM使った方が一回り火力出ますし安定して勝てますが、無くても十分戦える感じです。



 いかがだったでしょうか?属性強化アビ持ちとしては他に昇華「エキザカム」や昇華「ハマナス」、FMとして現在交換できませんが「真夏の恋歌」といったいずれも突属性メンバーのスキルダメージを上げるアビ持ちがいます。

 まだまだ属性限定アビ持ちは少なく、統一したからといってバフ量も同系統の属性縛りなしと比較して少し強い程度ですが、普段と違うメンバーで戦うは新鮮な楽しみがあります。突属性キャラは尖った性能を持つキャラが多く(だけに)、試しに自分の手持ちでそんな属性統一編成を組めるか考えてみるのも楽しいかと。

『FLOWER KNIGHT GIRL』
Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.



 こんばんは。アネモネ団長のどろろんです。

 無限城もいよいよ100Fまで実装されました。
今回実装階層で手に入る絡繰りの勲章で「夜々これ修行なり」が最大解放可能分手に入るようになっています。


 戦闘開始時にパーティーメンバーが5人全員生存していれば全体に攻撃バフ25%、ガチャ産の「おともだち談議」と同等の効果を得られます。無限城通常でも絡繰りの勲章の入手量は変わらないので、まだ入手していない方は早めに取りに行くことをお勧めします。続きを読む

こんばんはアネモネ団長のどろろんです。

 皆様フラスベルグ決戦楽しんでますか?
ブログ主はマニュや咲花のプチハートが集められてうまうまな気分です(笑)。

 フラスベルグ最終決戦もクリ反撃や攻撃デバフパ、スキルデバフパ…いろんな編成で1party突破したりして堪能しています。今日ご紹介するのはその中でも破壊力に関しては随一のものを誇る「ダブルソラバフクリパ」です!



 皆様もご存じのように花騎士において発動条件がある分、ソーラードライブ発動回数依存バフは効果が高くなっています。そんなソラバフ持ちの花騎士2人でバフを確保し、更にクリティカルアビ持ちの花騎士2人+フラワーメモリー(以下、FM)1つでクリティカルを盛りし、自由枠として相手に合わせた花騎士1人を組み込んだら完成です。

 活躍の程は以下の動画を見てもらえばわかると思いますがとにかく火力がやばいです。運が良ければフラスベルグ(破級)第3形態を1Tで突破可能です!
 

 また、自由枠の花騎士を相手の属性や数に合わせて調整すれば1Tで1000万ダメージを与え速攻でマザーを鎮めることもできます。下では自由枠として「スノードロップ(新春)」を起用しています。




 ソーラードライブを確保する必要があり、1partyだけでの強さでは無いものの、火力に関してはブログ主が組んできた編成の中でも最高峰のものになります。なお、ソーラードライブはソラバフ持ちの部隊で撃たなくても良い(他の部隊で打っても良い)です。ソーラーゲージチャージ持ちが不足しているなら他の部隊に「咲き誇る花の騎士たち」のようなゲージチャージアビ持ちを持たせて補うのも手です。スキル発動率が不安ならレインボーパネル持ちを他の部隊に組み込んだりもできます。


 ここからは各キャラの紹介です。まずはタイトルにもなっているダブルソラバフ持ちです。
ソラバフの中でも火力に直接貢献する攻バフとダメ―ジバフの2種を併せ持つ花騎士が何人います。今回ブログ主が使用したのは昇華「ユリ」と「ゴギョウ(新春)」です。

↑春庭のアイドルは待機でも止まりません。
・攻バフ15%+75%UP(300%ソーラードライブ発動時)→計90%
・ダメバフ45%(300%ソーラードライブ発動時)
・ボスダメージバフ15%
・スキル発動率1.2倍
・開幕ソーラーゲージ50%チャージ

花騎士はダメージ計算の仕組み上、種類の異なるダメージバフを積めば積むほど効果が上がっていき、純粋なバフの量では後述する「ゴギョウ(新春)」に劣りますが、ボスダメのおかげで効率よく全体のダメージ量を上げてくれます。


↑寝室アニメーションで立派なものが動く姿は素敵ですぞ。
・攻バフ20%+120%(300%ソーラードライブ発動時)→計140%
・ダメバフ60%(300%ソーラードライブ発動時)
・スキル発動率1.2倍
・開幕ソーラーゲージ50%チャージ

ゴギョウ(新春)」は2種のソラバフの数値の高さが光ります。ダメージバフ60%も強力ですが、攻バフに関しては元から有している攻バフと合わせて驚異の140%
説明不要の強さです。そこにユリと同様スキル発動率1.2倍と開幕ソーラーゲージチャージも持っているので言うことなしです。

 これら2人は単独で編成に入れてももちろん強いですが、2人両方組み込むことで圧倒的な火力を得ることができます。2種のソラバフ持ちとしては他に昇華「ナンテン」や昇華「リューココリーネ」がいます。「リューココリーネ」は最大で攻バフ105%/ダメバフ45%となり、スキル発動率補助のアビを持たない代わりに回避と吸収スキルを有しています。
 残念ながら「ナンテン」は調整がまだ来ていないのもあり、他の3人と比較してバフ量が控えめです(それでも最大で攻バフ65%/ダメバフ30%となります)。その分調整後に期待がかかるのでそこは楽しみです。
 また、ソラバフ関係はFMでも強力で、低レアでも良いバフを盛れるものもあり(「霊峰」や「虹色の植木鉢」)、これらを併用して相乗効果を得るのも有効です。

 ここから更に火力を高めるため、ブログ主が強くお勧めするのが「イタドリ」です。

↑分からせたい系の花騎士、でもやはり花騎士なので素は良い娘です。

攻バフを持たない代わりにクリティカル発動率35%UP/クリティカルダメージ45%UPと破格のクリティカルアビリティを有しています。更に1T目スキル発動率1.65倍を有し、スキルの発動を強力にサポートしてくれます。防御デバフも防御の高い相手に有効に働いてくれます。

 クリティカルアビ持ちもう一人はそう我らが「アネモネ」です!

↑永遠の誓いボイスの破壊力は最高ですぞ!

 クリティカル反撃パでの運用に目が行きがちですが、クリティカル発動率30%UP/クリティカルダメージ40%UPと優秀なクリティカルアビを持っています。スキル発動率補助が無いのがネックですが、普通にクリパに入れても強いです。ガッツで粘り強さを見せてくれるのも魅力です。
 防御バフもFM「ままごと診療所」と組み合わせることで間接的に火力を上げることができます。雑に持たせても強いんですよね~、このFM。未解放でも十分な数値持っていますし。


 ここの花騎士枠はクリティカルアビの数値が高めなキャラなら良いので選択肢はいろいろあると思います。「アネモネ」と同様新芽チケで交換可能な「ウメ」さんならスキル発動率1.2倍持ちでスキル発動をさらに安定させることができます。ブログ主としては上位スキル発動率補助持ちの「ベッセラ」が気になっております。「ベッセラ」は攻バフこそ持っていないものの、そこはソラバフで用意にカバー可能なので。次のスぺチケの筆頭候補にしてます。

 さて、「イタドリ」と「アネモネ」の2人だけでクリティカル発動率65%/クリティカルダメージ85%と割と良い数値を確保できています。「イタドリ」は華霊石(と団長メダル)、「アネモネ」は新芽チケで交換可能とソラバフ役と比較して入手性が良いのもポイント高いです。

 最後の1枠で更にクリティカルの数値を高めても良いのですが、今回ブログ主はFMで補うことにしました。ブログ主は「晴れの装い」を用いてますが、クリ発動率/ダメージの両方をサポートできる虹メダル交換FMの「誰かが好きだったパンの味」も気になるところです。虹FMがもちろんベストですが、金FMの「世界に愛されたお姫様」でも十分底上げになると思います。


 攻バフとダメバフ役2枠、クリティカル確保役2枠にしたのは残り1枠で編成の自由度を上げ対応の幅を広げるためです。最近プッシュされている自己強化系のアタッカーで火力を追及しても良いですし、属性付与役を入れたりバリア持ちを入れたり、被弾次ターンスキル発動率2倍持ちを入れたり選択肢は無数にあります。ここは相手の数や属性、所有アビ次第ですね~。
 今回ブログ主が選んだのは昇華「アネモネ(天の花の令嬢)」です。

↑エスニックなドレスが超素敵。

再行動・追撃持ちでフラスベルグ第2形態のように手数が欲しい相手に重宝します。使っていて本当に優秀なんですよね~、この娘。今回紹介した編成をいじってクリティカル発動率downのある無限城80Fの1T突破チャレンジ(https://twitter.com/Dororon_2017/status/1359809951871365120)に使用しましたがなんとか成功しました。夢エノテラ無しでも実現できてテンション上がっています(笑)。


 いかがだったでしょうか?昇華キャラや最近実装のキャラが必須で、そこがネックですがそれ以外の枠は割と融通が利くかと思います。ブログ主が今回紹介した編成では火力優先のため1T目スキル発動率1.65倍持ちが「イタドリ」だけで、どうしてもスキル発動が不安定になっています。ですので1.65倍持ちをもう一人組み込むのも有効かと。
 最後に編成名についてですが2種のソラバフを有する花騎士2人を組み込んだダブルソラバフクリパ、ネーミングの面でもダブルです。…うちの騎士団にはポーチュラカはいませんぞ。

『FLOWER KNIGHT GIRL』
Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.



このページのトップヘ