どろろんの花騎士ブロマガ

「”楽しい”を発信したい」がモットーのアネモネ団長どろろんが主に花騎士に関していろいろ書いていくブログです。コメント歓迎! Twitter: https://twitter.com/Dororon_2017

カテゴリ: その他(ブログ主の考え等)

*8/14 一部追記

どうもブログ主です。

最近に…限ったことでは無いですがいろいろと思うことがあったので記事を書いてみました。
楽しい話題ではなく、愚痴全開な感じなので閲覧注意です。



とにかくブログ主が思ったことですが、極端な意見や文句ばかりが多いという。
まあ、明るい話題よりもそういう話題の方が目につきやすいというのももちろんあると思います。
もちろん文句や不満を言うなという気もありませんが、もう少し冷静になっても良くないというのも感じています。

例えばコロナ関係ですが当初政府の対応が悪いだとか国が守らないとか言っている方がいましたが、今になって見返すと日本は大分状況が良い方だと思います。もちろん完璧な対応とまではいえないのかもしれませんが、今までにない未曾有な事態に対する対応としてはかなり頑張って対応してくれたなあ、医療関係者の方々もすごく頑張ってくれたなあと頭が下がる思いです。

当初まだ全然情報が無く、不安に駆られて文句が口に出たりという部分はあると思うので仕方の無い部分もあるかと思いますが、不安な時こそ落ち着いてみることが大事なのではとも思います。大きな出来事が起きた直後はいろいろ情報が錯綜し、大きく騒がれ、後になって見返すとそんなに大騒ぎする程の事態では無かった例とかありますし。

はっきりいって世の中100%の安全は存在しません。100%に近づけようとするほど、コストがかさんでいき、そのコストを何とか賄おうとすると結局別の所にかける費用が足りなくなり別の問題が起きます。

うまく言葉にできませんが世の中の事象には良い点も悪い点もあり、一発で全て解決というわけにはいきません。だからといってもちろん何もしないで良いわけも無いので良い所と悪い所を冷静に分析し、議論し何を実施していくか決めることが必要になります。
特に深く調べもせず~にすれば良いとか言い放つのは危険です。感情論というものは厄介なことに聞こえが良く、それに魅かれる方も一定数いるのは避けがたい事でもあります。
そういったものに引っ掛からないよう自分で考える力というのが重要です。
結局のところ、自分の人生は自分で何とかするしかないのです。今の時代は情報に溢れ、先が見えず何をどうすればよいのか迷うと思いますが、その一方で自分で稼ごうとすればいくらでもやりようがある時代でもあると思います。自分の実力次第ではいろいろとやれる時代であると思います。昔は昔でいろいろな問題が表に出ておらず、見えていなかった部分もあると思いますし、今がそう悪い事ばかりでも無いかと。もちろんここはなんとかならないかな~と思うことは多々あったりもしますが(苦笑)。

もちろん政治に不満が無いわけでは無いですが、民主主義国家において議員を選んでいるのは結局国民一人一人です。政治のレベルを上げようと思うなら国民一人一人が政治に関するレベルを上げていくしかないとも思います。…まあ偉そうに言えるほど自分も政治に詳しいわけでも頭が良いわけでも無いですが。文句ばっかりあげつらっても真面目に働いている人の負担増やすだけなんの益にもならないのにな~とは思います。

後、世の中にはいろいろな利害関係があり、うまく話題をすり替えて自分の利益の出る方向に誘導しようとしているように感じる話もあります。
そういうのにひっかからないようにするためにも、自分で調べ自分で考え判断できる力を養う必要があります。
もちろん世の中のすべての出来事に対して調べるのは不可能ですし、いろいろ調べて闇見すぎて逆に心がやられてしまう可能性があるので、どこかで割り切る必要もあります。自分で自分を追い込んで心を病んでしまっては誰も救われません。何はともあれ無理はせず自分を大切にしてください。自分を大切にしない方に周りを大切にすることもできませんし。
ここらへんは完璧な正解など存在しないと思っているのもあり、なかなか具体的にかけないのも悩ましい所ですが。

それともう少し書きたい話題があります。
日本全体としてもう少し新しいことに積極的になって欲しいと思うことがあります。
世の中どんどん進歩し、変化のスピードが激しい昨今、外に目を向けいろいろなことに試していくことが大事だと感じています。新しい取り組みに対して(あきらからに論理的に破綻しているようなものでなければ)いろいろ試して見て、積極的に意見を出し、サイクルを回していくことが必要でないかと思います。新たな試みに対して文句ばかり出して、サービスをつぶしてしまえば結局は自分の首を絞めるだけです。いろいろな変化に対して時には長い目で見守ることも必要ではと思います。もちろん意見を言うなというわけでは無く、むしろ良いと思った所、悪いと思った所は積極的に伝えていくべきだと思います。伝え方を考えましょうということです。人に意見を伝える時は自分がその意見言われたときにどう感じるか考えることが大切だと思います、直接顔の見えないネット上のやり取りの場合はなおさらです。

他にも今のコロナみたいな事態は流石にもう勘弁ですが、テレワークとかが推進されるようになったのは悪く無い事かと思います。うちの勤め先でもテレワーク視診してアンケート取ったりされてますが、きちんとした設備があれば効率は上がると感じる人が多かったです。良い技術は積極的に取り入れ、うまく使っていくことが重要だと思いますし、企業にはそのための設備投資に積極的になって欲しいとも思います。

あと戦略というものをもっと大切にしないと駄目だと思います。頑張って~しようということを否定はしたくないのですが方向を間違えば徒労になってしまいます。答えの無い道を必死に進もうとしてもみんな疲れてダメになってしまうだけです。
戦略についてはディスカッション、ネットリテラシーと含めて教育で重視してくれるようになって欲しいと思ってたりも。自分の人生は自分で何とかするしかないと上で書きましたが、それはそれとしてやはり自分で考える力を養う教育は大切だと思いますし。

まあ、いろいろ愚痴りましたがなんだかんだこの国に生まれて良かったと思っているのでみんなでより良くして行けたらな~とも思っています。ブログ主も若い子ら(ブログ主も言うてまだ30代前半ですが(笑))が希望を持って過ごせるよう、自分にできることはやっていこうと思います。

言いがかり付けてくる輩は世の中いっぱいいますが、そういうのに屈せず胸を張って生きていきましょう!暗い事ばかり話してずっと下を向いていても仕方無いですしね。

結局は人生楽しんだもの勝ちです!
自分の人生を楽しく生きましょう!



こんばんは。
ブログ主のどろろんです。

花騎士の今後についていろいろ言われることありますが、個人的にはそんな先行き不安がるもんかな~?と思ってます。今回はそこについて記事を書こうと思います。
ただ、かなりユーザー側に対して愚痴ってますし、根拠のはっきりした話ではなくブログ主の主観全開の意見で的外れなことを書いているかもしれません。なので、そういうのいいよという方はブラウザバックしていただければと思います。

さて、花騎士の先行きについては上で書いた通りそこまで危ぶむものなのかな~と思ってます。運営もやり方はけっこう理にかなっているんじゃないとも思っています。
というのも、そもそもリソース無いなら機能改善積極的にしたり、メインストーリーやイベントストーリーの害虫の動きやらのクオリティ維持もできないでしょうし。キャラの実装ペースは減ってますが、そもそも長くサービス続けると管理しなければならないキャラ数は増える一方でどこかでペース落さないとやっていけないし、こんなもんじゃないかな~と思います。少なくともSDの質は高い水準維持されてますし、十分ではないかと。また、イベ金の代わりにフラワーメモリーを定期的に挟むのも全然ありなことだと思います。元々イベ金は再復刻任務で大量に簡単にゲットできますし、戦力的になとこ見るならむしろイベフラワーメモリーの方がありがたかったりもすると思います。
ランキングもそこまでこまめには見てませんがだいたい上位にいますし。

虹メダルに関しても個人的には不満0です。元々ぶっこわれすぎたかな~と今になって思いますし、去年虹メダル付きガチャ多かったのはその中で虹メダル維持しようと試みた結果なのかな~と思います。それだけだとあまり効果出なかったので逆に、一度大きな変更を実施してデータ取りをしたんじゃないかと。初期の虹メダルキャラの交換期限が元々5/18だったのは、そこまでの期間でデータ取りして次の動き決めるためじゃないかな~と妄想してたりもします。このタイミングで仕様をある程度戻したのも想定されていたプランの一つではないかと。いずれにせよ、そういういろいろな取り組みしてるうちは安心して見てて良いんじゃないかと思います。本当にやばい所は一見豪華なガチャ連発して稼ぐだけ稼いでとんづらしたりするでしょうし(苦笑)。普通、企業は売り上げが本当にやばい水準に行く前に手を打つものですし、花騎士はちょうどそういう時期なんじゃないかと思ってます。

まあ、情報の出し方がもったいないなあ~とか思うことはありますが、結局そこって他のソシャゲの運営もあんまり変わんないんじゃないの?とも個人的には考えているので不満はそこまでですね。いろいろ検討しながらやっているんでどうしても情報小出しになっている部分もあるんじゃないかと。

いずれにせよネガティブな意見をあまり気にせず純粋にゲームを楽しんだ方が良いんじゃない?とはいつも思います。どうしても気になるところを意見として投稿したら、後は気にしないくらいが健全化と思います。

なんといいますか、花騎士に限った話ではありませんが文句を言う人はどこにでも、何をしようとも出てきます。去年おまけ付きガチャいろいろ出している時期は”そんなに金儲けしたいのか?”という人が居ましたし、逆にガチャのおまけを絞ってみたら今度は”けちくさい”とか言ってくる人が出てきます。また、文句ばかり上げる輩って良い部分(機能改善、ガチャの天井追加+虹率UP)とかは全然言及しないようにも思います。いろいろ言うのも花騎士のためという意見もありますが、個人的には逆効果だと思ってます。言い方を考えないと界隈の空気が悪くなるだけで、人を避けさせゲームの足を引っ張るだけだとかと。それにもの作りする側も整理され分かりやすく書かれた意見なら真摯に受け止めちゃんと取り入れないとと思うでしょうが、文句ばっかり書かれた意見なんか見てもモチベーション下げるだけかと。ネット上での意見全般に言えることですが自分もし直接相手から自分がネット上に書いたのと同じ言葉を言われたときどう感じるか?そういうことを想像して意見を書くべきかと。
だいたい、商売だからいろいろな取り組みをされるのは当たり前です。ガチャの中身に不満あるなら引かなければ良いだけ。そうすれば運営も売り上げ見て、「このガチャはいまいちだったか次はおまけの量代えるか」とか別の策を打ってきます。それだけの話です。

もちろん人間の作るものに完璧なものは無く、いろいろプレイしていて不満に思う点はあると思います。そういうのを我慢しろと言っているわけでは無いです。常識的な言葉づかいで運営に意見を出し、気長に待てばよいだけです。もちろん意見は必ずしも採用されるわけではありません。そこはシステムの都合や他いろいろユーザー側からは分からない部分であります。その結果、直してほしい所が直されず納得いかないと思うのならゲームをやめればよいのです。ゲームは楽しんでやるもの、苦痛を抱えながらプレイするものではありません。世の中には楽しいものがいくらでもあります、一つのものにこだわる必要は無いのです。

もちろん上記の話ははっきりとした根拠のあるものでは無く、つっこみどころもたくさんあるとは思います。ソシャゲというものは調子よさそうでも急にサービス終了といわれることもままあると思います。なのでそこは初めからそういうものだと割り切っておいた方が良いとブログ主は考えています。たとえ一つのサービスが終わってもまた新しいサービスがすぐ出てくるでしょうし。いずれにせよ、変に空気悪くするよりも楽しい所を見てそこを積極的に発信していく方が人生面白くならないか?そういう風にブログ主は思います。

こんばんわ、どろろんです。

今回、ちょっと花騎士の編成とかの記事とは違いますが書いてみたいことがあります。
このブログを始めたきっかけについてです。かなり勢いに任せた人によっては過激と感じる内容かもしれません。無理と感じたらブラウザバックをお願いします。

さて、私は良く花騎士関係の掲示板とか見るのですが、以下のようなものを見た時、どうしても引っかかるものを感じました。

①高難易度任務(マザー、ラエヴァ)に対して 
 「○○ゲー」、「○○いないとどうにもならない」、「バランス悪すぎ」、「攻略できない、くそだ」

②特別ガチャに対して
 おまけいろいろな特別ガチャに対しては「連発しすぎ」、「そんなに金取りたいのか」
 new金確定1連ガチャに対しては「渋すぎ、運営は何を考えているんだ」

③FM関係実装されたとき
 「メモリースコア~は高すぎる、運営は何を考えているんだ」「FMひどすぎて総合力80万越えの戦友止めたは

①も②も③も正直厳しすぎるんじゃあないのか?

まず①について戦力は人によって千差万別、花騎士は高難易度をクリアできないとプレイに支障が出るゲームではありません。ラエヴァクリアでゲットできる腕輪は他にない特別なアビ持ってますが効果自体はおまけみたいなもの、無いからと言って戦力に影響が出るようなものじゃありません。上アンプルゥとかは貴重品ですが、周回報酬でゲットできるのは数個レベル、2か月に1回の決戦イベントも待てば数十個単位で補充されていきます。もう少し長いスパンでゲームを楽しみませんか?

②について運営が慈善事業をやってると思っているのでしょうか?サービスの提供者側と受け手の立場は同一です。どっちが上とか下とかいうものではありません。サービスの提供者側は価値のあるサービスを提供できるよう努力する、受け手はそれに納得したら対価を払う、納得しないなら別のサービスに行く。それだけです。「お客様は神様です」という語がありますが、あれば提供者側の心構えであって、客側が言うもんじゃありません。価値のあるサービスを提供できるよう努力する、その対価としてお金を受け取る、それのどこが悪いのでしょうか?お金儲けは(もちろん法や社会倫理に逸脱しない範囲の)何も恥ずべきところの無い正当なむしろ胸を張るべき行為なのです!

③についてですが、自分は当初メモリースコアが足りなかったので華麗石買ってフラワーメモリーガチャ回しました。ソシャゲにおいて時は金なり、近道したかったら課金する。なんらおかしいことではありません、むしろ課金無しでもある程度メモリーガチャ回せる花騎士運営はかなり良心的だと思います。続けていればいつかは絶対たどり着けるのに今すぐ課金無しで全ての要素クリアできなければ文句を言う、一つ下の難易度回れば多少効率落ちるだけで必要なアイテムは集められるのにそこのどこに不満が出てしまうのか。

完全に愚痴になってしまってますが、結局私が言いたいのは「百点満点でなければ文句言いまくるというのはやめにしないか?」ということです。ゲームに限った話ではなく世の中のいろんなことに対しても言えることですが。文句を言うなというわけでは無いのです、ただもう少しオブラートにしても良いんじゃないかと思うのです。愚痴をいい膜いるだけでは自分の中でむしゃくしゃが残るだけで誰も得もしません。厳しいことを言い合うだけではお互い消耗するだけで結果としれ誰も幸福になりません。厳しいことを言ってはいけないというわけでは無いのです、バランスというものが大事なのです。

花騎士運営はすごく努力をしてくれていると思います。質の高いSD、コミカルな害虫達、パネルミッションやボーナスステージのHigh&Lowゲーム、キャラクエやデートといった豊富なコンテンツ。私が今までやってきたソシャゲ(といってもガチでやってきたのは数種類程度ですが)ここまで豊富なコンテンツを提供してくれているゲームは他に類を見ません。文句を言う前にもっと広い視野で物事を見てみないか?私はそう思います。

俺から始める方に対しても新芽チケを始めた手厚いサポート、新規も安心して楽しめます。
長年続けている方々に対しては交換所のプチセンテイ、様々な入手手段のあるアンプルゥ、豊富に配布される華麗石でどんどん戦力を充実させ楽しめるバランスになっているんじゃあないかと予想してます(団長歴1年にも満たない私が言うのもあれですが)。

ゲームというものはどうしても人の移り変わりがあります。急に止める人、やめたかと思ったら急に復活する人、いろいろいます。ずっと同じサービスを続けていくと人間必ず飽きてしまうので、何らかのテコ入れは必要になります。それは仕方の無いことなのです、停滞は衰退なのです川の流れのように絶えず変化していかないといけないのです、それが滞れば(新しい水=新人が来なければ)濁っていくだけなのです。悲しいけれどどうしてもその中で合わない方はでてきてしまうのです。人間は神様じゃあないのです、全ての人が同じように楽しめる完璧なものを作り出すことはできないのです(できるだけそうしようとする姿勢は必要ですが)。世の中にある大半のものはメリット・デメリット両方あり、それらをなんとかやりくりしているのです。

話がどんどん脱線していきますが、最近世の中過剰に暗くなっている気がします。
人間は完璧じゃあないのです、世の中いろいろな人の考えが入り混じっているのです、難しいのです。問題は大量にあるのは事実で、何とかしなければならないのも事実です。
だからといって物事の一側面だけ見て、あれが悪い、これが悪い、…、そんなことで何が解決するというのか。ただ、そういう意見上げてるだけならまだしも、世の中には利害関係で事情を分かっていながらわざとそういうクレームを上げて利益を上げようとする人々もいます。
ただ、そこもある程度仕方の無い部分はあります。世界とは全ての人が何も考えず幸福を享受できるほど都合よくできていないのです。リソースには限りがあります。どんなものにもメリットとデメリットがあります。都合よくできてはいないのです。視野狭窄にならず、背景をきちんと理解することが大事なのです。すべての物事に対して一つ一つ調べていくことは現実的ではありませんが、せめて生活に必要不可欠なことや意見を述べようとすることに関してはそうする姿勢を持つ必要があると思います(私自身それらをきちんとできているとまでは言えませんが、そうあろうとすることは大切だと思っています)。

そんな世の中でも昔よりは良くなっている部分も多いのです。少なくとも今の日本は原始時代のように平均寿命30代とかそんな世の中では無いのです。世の中にはいろんな面白いもの、楽しいものがあります。
完璧を求めすぎず、お互いもっと優しくなりませんか。良い所を探しあっていきませんか?

私はそう思います、なので少しでもブログで花騎士という素晴らしいゲームの魅力を一人でも多くの人に伝えてお互いにニコニコとして生きていきたいのです。

以上です、長文失礼しました。


このページのトップヘ