どろろんの花騎士ブロマガ

「”楽しい”を発信したい」がモットーのアネモネ団長どろろんが主に花騎士に関していろいろ書いていくブログです。コメント歓迎! Twitter: https://twitter.com/Dororon_2017

カテゴリ: 花騎士以外のゲーム

 こんばんは。ブログ主のどろろんです。
今日でガールズシンフォニー:Ecのサービスが終了しました。

 いろいろと思う所のあるゲームで、結局アポロニアを入手するときにいくらか課金したくらいでしたがなんだかんだ約1.5年楽しめました。

 最後の1か月のキャンペーンでいろいろなキャラを入手したり、強化できたのは良かったです。
手持ちは最終的にこんな感じになりました。


続きを読む

こんばんは、ガルシン指揮者のどろろんです。

 今日、遠征イベントが終わり結果は573位となかなかでした。
団体戦イベントが続いた後で、あまりがっつりやる人が少なかったのもあると思いますが、嬉しいです。


 今回のイベントの遠征先の一つである「終末の荒野」は貴重な超進化素材がドロップする可能性があり、今回せっかくなのでどのくらいアイテム入手できたか集計取ってみたのでここに載せようと思います。次回以降で仕様が変わったりする可能性もありますが、まあ何かの参考にはなるかな~と思いまして。

「終末の荒野」への遠征回数が全部で31回そのうちめぼしいドロは以下の通りでした。
・ブラッククリスタルx4
・華麗なガーネットx1
・華麗なアメジストx1
・可憐なエメラルドx2

+ロマニア(イベントキャラ)x5、インペリアルジェムx2

インペリアルジェムを除けば、超進化素材のドロップ率は8/31=約26%。
4回に1回は貴重な超進化素材が出ると考えると悪くないかと。
まあ、「終末の荒野」へ遠征出すのに必要な虹メンデルスゾーンがイベの一番難易度の高いステージを50周して4体くらいしかドロップしないのでなかなか大変ですが(苦笑)。

1回の遠征で複数超進化素材が落ちる時もあれば…

まとめて10回出して1個しか落ちないことも(苦笑)。なお、ちゃんと複数ドロップされた方もいるのでまとめて出したらダメというわけでははずです。

なお、周回に使ったのは以下の遠征です。相手が論理属性なので神秘属性有利で、特にシロお姉さんは元々の防御面のスペックの高さと相性の有利さから壁役を安定して努めてくれて助かりました。。


手持ちを総合力順に並べると以下の感じでアプラルグとローズがもうすぐ完凸という感じです。


最近のキャラは入手出来てないものの、アニバーサリーやクリスマスのキャラは運よく入手出来ているのでこの中から次育てる娘決めようかな~という感じです。


次のイベントはおそらく明日から始まるのでそちらもまったり楽しんでいこうと思います。
ではでは~。

こんばんは、アネモネ団長のどろろんです。
ただ、今日は団長ではなく指揮者もしくは隊長なのです。
…まあ、たまには花騎士以外のゲームの話でもしようかな~と思っただけですがw。

ブログ主は外でゲームしないので、ソシャゲは家でノートPCで遊んでいます。
昔は全く別のプラットフォームで二つくらいソシャゲやってましたが、そこでのゲームに疲れ感じてDMMで花騎士に手を出してみて今に至ります。
メイン花騎士でサブでガールズシンフォニー:Ec(以下、ガルシン)やふるーつふるきゅーと!
(以下、ふるふる)やってます。


■ガルシン
サービス開始当初からプレイしてますが一時期完全に飽きてほぼログインだけでした。
ただ、去年の10月からふとまたプレイしてみると以前より格段に遊びやすくなっていてモチベが上がり、大規模な戦闘システム改修とかも経て今に至ります。
手持ちを総合力順に並べると下の画像の感じです。


再開した辺りでアポロニアさんのピックアップがあり、放置していたミッションで石が大量に回収でき(主にディソナンシア:1日10回挑める高難易度マップ関係)、出費抑えた状態で入手できたのがラッキーでした。シナリオ上の重要キャラでもあり、周回性能が半端ないんですよね~、このキャラ。

音楽魔法(ゲージ溜まると使える強力な攻撃)が特殊で基本1wave1回しか打てないのですが本人の攻撃力や演奏力(これらが大きいとダメージ高い)が非常に高く、wave開始時にゲージ貯めるアビリティもあり、開幕早々全体攻撃で雑魚一掃もしばしば。

期間イベントと別にスコアを競うカンピオナートというコンテンツ(ダメージレースとタイムアタックが週替わりで開催)があるのですが、他のブログで紹介されていたガーシュウィンさん使ったところダメージレースの方で少し前ですがかなり良い成績(最終確か110何位くらい)取れたりして喜んだりしてます。


ツイッターでフォローしている方のつぶやきから教えてもらったのですが戦闘システム見直し後、アタッカー素早さの値が重要になり(素早さが2万から1万増えるごとにヒット数増、単純に2倍3倍と火力上がるわけではないがそれでもかなり火力に効く)、銃キャラが躍進して火力が一気に上がりました。

最近は更に戦力充実させるため、イベント周回して覚醒用のアイテムを集めたりという感じです。ガルシンは覚醒の影響(ステUP、特殊攻撃・音楽魔法の強化、一定回数ごとにキャラ専用装備入手や装備枠解放)が大きく、最高レアリティキャラでもある程度は覚醒進めて行いと戦力として厳しいんですよね~。
ただ、全部取ろうとすると大変ですが、特攻キャラ取れてなくても狙い絞れば十分欲しいアイテムは入手できる感じですね~。最高レアリティのキャラだけでなく、1個下のレアリティでも覚醒を進めていけば(星4キャラ10覚醒で星5に昇華可能、そこから同キャラ3体ごとに覚醒また進めれる)十分戦力になるのも嬉しい所です。

一方でガチャ関係はまあ深くは語りませんがなんだかな~と感じることが…(苦笑)。まあ、来月ユーザーアンケート予定されたり、サービス開始直後よりは格段に遊びやすくなっているので今後の動向を見ていきたいとい思ってます。


■ふるふる
キャラが個性的で、かけあいが面白いです。表情も豊かでりんごちゃんのンゴーは必見です。あと敵対勢力側のキャラがいろんな意味で非常に魅力的なのもポイントです。
花騎士団長の集まるまったり系ギルドに所属していますが、そこのメンバーもフレンドリーでのんびり楽しませてもらっています。

属性が6つ(火、風、水、土、闇、光)あり、効果の高い味方へのバフが属性限定が多く属性の影響が強いゲームです。
単純に相手を殴り倒す構成の場合、味方攻撃力UP・敵防御力down・味方与ダメUP・敵被ダメUPの4種のバフ・デバフクリティカルUP持ちを組み合わせる感じになります。それぞれの効果とスキルそのものの威力も大やら特大やら設定されてます。
まあ、ここらへんはwikiとか調べた方が良いと思います(笑)。
耐久系の編成とかまではあまり手を出せてなく、そっちは使いこなせてない状態です。なんにどの高いコンテンツはまだクリアできてないのが割とある状態ですね~(苦笑)。

さて、単純に殴り倒す構成を属性ごとに組みたい所なのですがうちは闇属性が充実している(デバフを他属性キャラにまかせればもう一編成火力出せるの作れる)一方、光・土・火はまだまだメンバー不足という感じです。水、風はキャラはいても覚醒が進めれてない状態です。


ふるふるも覚醒の影響が大きく、今手持ちに1~2キャラ分程度は覚醒アイテム入手用のフルーツメモリー(ガチャのだぶり時やイベントの交換等で入手)はあるので誰に使うおうか考え中です。まあ、計画的に性能考えてキャラ集めているのではなく見た目とかで欲しいキャラがいたら手持ちの石でつっこんである時はフィーバーしたり、ある時はなんの成果も得られませんでした~~~!!!やったりしているので偏るのも当たり前なのですがw(トータルで見るとかなり良い引きに恵まれた感じです)。
ただ、ゲーム本格的に始めたのが一周年イベントの時で石の配布が(普段から多めなのですが)さらに多く、始めたばかりなので改修できる石も多く一気に戦力を集められたのが大きいかったですね~。ガルシンもですが時期に恵まれました。

闇属性編成の詳細示すと以下の感じで今やっているふるバス(月末に開催されるギルド対抗戦)で戦う敵キャラでダメージの互いに大きくなる光属性相手だと1000万越えるダメージ出せてテンション上がっています(笑)。毎月松野ふるバスはスコアで成長が感じられやすく、そこがモチベーションになっています。






今後は他属性も強化しつつ、武器もより強化していければと思っています。状態異常対策系やステータス強化系とか。
エンドコンテンツのため耐久系の編成も使いこなしたい所です。

一方、ふるふるの場合、キャラのインフレが非常に激しく次から次へとより強いキャラが出てくるのでそこらへんは無理しない方針です。石はたくさん配ってくれますが、使う機会も多いですからね~。
他にはイベント形式が現状同じようなのが多いので、目新しいイベント形式を期待している所です。ガルシンと同様まだ1周年αくらいのゲームでもありますし、まったり付き合っていきたいと考えています。


いかがだったでしょうか?これら二つのゲームは花騎士程やりこんでおらず、良ければアドバイス頂けると嬉しいです。ガルシンだとカンピオナートの徒競走(タイムアタック)、ふるふるは後半エリアのハードボスや果実の塔とか。

それではまた別の記事で。
今後は花騎士かそれともソシャゲ以外のゲームについてか、何を書こうかな?

このページのトップヘ